歯科用マイクロスコープの利点

歯科でもマイクロスコープが使用されるようになってきています。
マイクロスコープとは何なのかという方もいると思いますが、眼科や脳神経の手術を行う際に使用する手術用の顕微鏡を歯科用にしたものです。
今までの歯科治療は中が見えない状況で治療していました。



言ってしまえば経験や勘で治療していたわけです。


そのため削らなくていいところを削ってしまったり、原因を取り除けずに患者さんを痛みから解放できずに終わってしまうことがあったのです。

T-SITEの情報を掲載しませんか。

マイクロスコープを使用すると肉眼の20倍も拡大して見ることができ、根の治療をする際も根の先まで見ることができるのでかなり精密な治療を行うことができます。

このように精密な治療ができるため治療の成功率も上がり、歯の寿命を延ばすことができるのでとても画期的な治療法です。



先ほど書いた通りこれまでは削らなくていいところまで削ってしまうこともありましたが、マイクロスコープによって削る量を最低限にできたり、外科治療の際に傷口を小さくできるため腫れや痛みという苦痛も少なく済みます。

更に歯周病予防や治療で歯石の除去を行うときにもこちらを使うことで歯石の取り残しを防ぐこともできるので、予防から治療まで対応できるものになっています。
他にも被せものをする時に段差ができていないかチェックできたり、インプラント治療でも役に立ちます。どれに使用しても歯の寿命を延ばすのにとても便利なものですが、現在は普及率が非常に低いです。
マイクロスコープでの治療が当たり前になるのが理想ですが、まだまだ難しい状況で保険外での治療が一般的です。費用が多少かかっても歯の寿命を延ばしたい方、なかなか痛みや腫れが取れなくて悩んでいるという方には、とても効果的なので選択肢に入れてみてはいかがでしょうか。